無題

タイトルとか考えるのが恥ずかしい

遊ばれてるのはどっち?

 

2003年頃から放送が開始された、「にほんごであそぼ」というNHKの小さな子供とその親を対象にした教育番組があった。小さかった俺も、例に漏れずその番組を見ていたが、心のどこかで「にほんごであそぼ」という番組名に小さな疑問を抱えていた。にほんごって遊ぶことも出来るものなのかと。

 

それから歳を経て、「言葉遊び」という概念を知った。「言葉遊び」とは、言葉の持つ音や響きを楽しんだり、同音異義語を連想する面白さや可笑しさを楽しむ遊びのことらしい。しかし、この定義の枠を越えて、幼い頃親しんだしりとり等も「言葉遊び」の内にあるようだ。そう考えると、今俺がこうして趣味で文章を綴ってるのも恐らく「言葉遊び」に含まれるし、とにかく言葉を使って楽しみを覚えたらそれは「言葉遊び」になるんだろう。言葉は情報の伝達以外にも、遊ぶという用途もあるみたいだ。

 

以上を踏まえて、今の社会を見てみると、「言葉遊び」は少ないように思う。例に挙げてたしりとりなんかも、恐らくもうやってる子供たちは随分少ないんじゃないだろうか。だって遊ぶものが他にあるから。おもちゃとか、ゲームとか、今だったら携帯でYouTubeを見たりとか。俳句とか川柳の最盛期が今よりも昔だったのも、そういう理由なのかもしれない。

「言葉遊び」から離れていった結果、今の時代を生きる人間、特に若い世代の活字離れが著しい。当然活字離れは国語力の低下を招いた(ここで言う国語力とは、語彙力や漢字の識字率などをまとめた能力を総称したものとする)。だから若者は文章を読むことがなんだか難しいことのように感じてやらないんだろうし、そうすると言葉なんて使わないと忘れていくものだからますます国語力は低下していく。

 

そうして低下していく国語力に合わせて、若者は自らで言葉を作り出した。それが略語。古いので言えばJK(女子高生、「女」と「高」をアルファベット表記に直して頭文字の「J」と「K」を合わせたもの)とか。それは若者の間で一大ムーブメントとなって、みんなその言葉を使ったし、今や「JK」は多くの人に通じる言葉となった。これはテレビ等でも取り上げられて、この頃から言葉に流行り廃りという概念が生まれてきた。

人間は流行り廃りに弱い。なのに、言葉に流行り廃りという概念を自らの手で与えたから、その力に飲まれてしまった。街を歩けば、「エモい」「~説」「クセがすごい」ってみんなが同じ言葉を使って喋っている。中には「エモい」が造られた元の言葉も知らず使っている人もいるだろう。それでも使う。流行ってるから。気持ち悪い。まるで人が言葉に遊ばれてるみたいだ。

米津玄師に女にされる

 

数年前、突然よく米津玄師という言葉を聞くようになった。その頃の俺は勉強ばっかしてて、今何が流行ってるとかそういう世の動きがあんまりわかってなかったし特に関心もなかったけど、今日米津玄師の話をしてたやつらが、明日にはその倍に増えてるっていうぐらい流行っていくスピードが尋常ではなかったから、さすがに気になって調べた。

 

へえ、アーティストか。そんで...以前はニコニコ動画ボーカロイドの曲をアップしてた...代表曲は「パンダヒーロー」「マトリョシカ」...。え!?パンダヒーローとマトリョシカ!?ってことは、米津玄師ってハチ!?

 

マジで一人で内心こんな感じだった。最近ボカロの曲はあんまり聴いてなかったけど、それこそ中学の頃はよく聴いていた。どちらかと言えばイケてるグループに所属してた俺は、学校ではみんなに合わせて「ボカロとかラノベとかマジオタクってかんじでキモいよなー」とか笑いながら、本当はアニメとかマンガとか好きな人間だから、家でこっそりボカロ聴いてた。社会の授業で隠れキリシタンにあれほどシンパシーを感じていた生徒は俺くらいなもんだろう。

ハチの曲は特に好きでよく聴いていたので、すぐに米津玄師の曲を聴こうとしたけど、それよりまず先に顔が気になった。見えないものは気になるのが人間だ。俺はすぐに調べた。

 

f:id:matsuikotaro:20190218163902j:plain

 

えっっっっっっっっっ!???!??!??

きもっっっっっっっ!!??!??!?!?

 

え????なにこのなんか生きるのに必要なエネルギーとかそういうのを諸々吸収してきそうな顔????完全にヒルとかそういうのの類いじゃん????血とか飲むのかな?????居酒屋とか行って

 

「お客さん、お飲物は?」

 

って聞かれたら、

 

「生(き血)で!」

 

とか言うんかな????ねえ、それってスッポンの血だよね????ねえ、そうだよって言ってよ????仮にスッポンの生き血でも、そういうのってちっさいグラスで飲むもんじゃないの????ジョッキで行っちゃう????つか、生じゃない血ってなに????そんなんあんの????あと、生き血置いてる店少ないから毎回大変じゃない????

 

とにかく、なんかそれくらい生理的に無理な顔だったんだけど、顔で曲が嫌いになるわけじゃないので、気を取り直して曲を聴くことにした。

 

www.youtube.com

 

くそいい....っ!

 

あんなに顔が生理的に受けつけなかったやつに、気持ちよくされる....っ!悔しい...。よくドラマとかで、嫌いな男に抱かれそうになって最初は嫌がって抵抗するけど、徐々に快感に打ち勝てなくなって最終的に抱かれる、みたいな演出がマジでわからんと思ってたけど、なんか今ならわかる。気持ち悪いのに...気持ちいい...こんなやつに気持ちよくされるなんてぇっ...!みたいな。もう俺はこのとき既に女だった。

 

暗い部屋に私(俺)と玄師は二人、ベッドの上。窓からは月明かりが射していて、玄師の横顔が少し鮮明に映る。昔からこいつのことは気持ち悪いと思っていた私(俺)は、背中を向けて顔を見ないようにした。すると、つつっ...と玄師は背中を撫でてくる。思わず、ビクンッと背中を仰け反らせると、突然ガバッと抱かれて、耳元で玄師はこう囁く。

 

ウェッ

 

それとともに微かに香るlemonの匂い。おそらく香水。その後も、ウェッ、と囁かれるうちに徐々に気持ち良くなっていき、抵抗力をなくした私(俺)。気付けば窓から差し込むのは朝日に変わっていて、外からチュンチュンと鳥の鳴く声が聴こえてきた。あー抱かれちゃったんだ、私(俺)。あんなに気持ち悪いと思ってたやつに、気持ちよくされて、抱かれるなんて。これが夢なら...。

 

夢ならばどれほど良かったでしょう。

 

 

 

はい。ごちゃごちゃ書いたけど、要は米津玄師の顔が生理的に無理だけど、曲はかっこよくて気持ち良くされるから悔しい、みたいな、そんな話です。

マジでヤな奴、ハルカ/ハルカトミユキ

 

あなたの周りに、嫌な言い方させたら右に出るものはいないやつ、いたらちょっと思い浮かべてくれませんか?

 

思い浮かべました?

非常に申し訳ないんですけど、あなたが思い浮かべた嫌な言い方するやつ、この女の足下にも及びません。

 

f:id:matsuikotaro:20190315144225j:plain

 

誰だよって?ハルカじゃん。ハルカトミユキの。もしかしてご存じない?

一応メジャーデビューもしてるアーティストなんだぜ?ハルカトミユキ。

ハルカが主に作詞してるんだけど、よくもまあそんな嫌な言い方できるなって思わされる。特に、「絶望ごっこ」っていう曲がもうエグいのなんのって。

 

www.youtube.com

 

アタマからケツまで言葉が尖りちらかしてるんだけど、特にAメロの詩がやばい。

 

どこかで聞いたような 

美しく薄っぺらい言葉並べて

陶酔してる 気持ちいいだろう

 

この曲、東北大震災の頃に書かれていて、当然そのことについて歌ってるんだけど、普通ならエールを贈るような曲かなって思うところを、まさか風刺してくるのがこの女、ハルカ。もといヤなやつ。この曲の作詞について、BASEMENT-TIMESのインタビュー記事で掲載されているので一部抜粋。(全文は記事の下部にリンクを貼っておきます)

 

アレ、元々は東北の地震の時に書いたんですけど、そん時もすごくムカついてて、東京にいる奴らが安全圏からなんか「大丈夫、大丈夫!団結!」みたいな。
岩手にいるならわかるよ。ミュージシャンとかなんか急にチャリティソング歌い始めるし。そっから突然チャリティおじさんみたいになる人とかいっぱいいたし。いや、人の勝手だし偽善も善に違いないので良いんですけど。

いやなんか、チャリティも復興支援もそれを今後継続的にやるならわかりますよ。
でもあのときだけの人もいたから。
しかも、それがうれしそうだったんですよそれが。「今、音楽で、俺らの出番だ」みたいな
喜んでんじゃんって。地震起きて。なにそれって思って。それが凄い腹立ったし。

 

たしかにそういう風潮は言われてみればあったように思う。俺も相当捻くれた人間だけど、当時はまだ中学生のガキだったからそんなこと思いもしなかったし、「東北にエールを!」みたいな雰囲気にのまれてたから、俺もここで言う「絶望ごっこ」してたかもしんない。でも、今の歳であの頃にいたならきっとそういう風に思ってたと思う。だから、俺はハルカトミユキに魅かれて好きになったんだと思うけど、そんな俺でも地震起きて喜んでるじゃんなんて歪んだ捉え方はさすがにしない、つーか出来ない。別に、間違ったことは言ってなくて、ただ「そういうやつらに腹が立つ」ってことを言ってるだけなんだけど、それを「絶望ごっこ」なんて皮肉して、「気持ちいいだろう」なんて煽るところがもう絶望的にヤなやつ。ただ、「偽善も善に違いないからいいんだけど、人の勝手だし。」って言ってるから、本当にヤなやつじゃなくて言い方がヤなやつってだけで、俺はハルカのそういうところが好きなんだけど。

 

インタビューで答えてるんだけど、ハルカは「自分が言いたいことを言う」ってだけで音楽やってるから、「絶望ごっこ」みたいに主張が強い曲が多い。こういうのって、やっぱり人によっては反感買うし、細かく言えばたとえどんなにピースフルな内容でもきっとどこかでは反感買うことになるんだけど、「絶望ごっこ」みたいな特にヘイトを集めそうなものを、影響力ある立場で歌えちゃうのがすごい。かっこ良すぎんぜ、ハルカ姉さん。俺なんか、影響力もないのに人から反感買うのが怖くて、いざという時の逃げ道の言葉たくさん並べるから、だらけた文章になることがよくあるんだけど、俺も本当は言いたいことをズバッと言いてえ…言いてえよ...。

 

一曲をピックアップして、好きなアーティストを紹介してみたんだけど、いかがだったでしょうか?知れば知る程、カッコ良くて、綺麗で、なのに悲しそうだったり、魅力が詰まったアーティストです。是非好きになってみてください。ハルカばっかの紹介になってごめんね、ミユキさん。

 

f:id:matsuikotaro:20190314200239j:plain

 

basement-times.com

basement-times.com

 

脳みそ夫がキツイ、見てらんない

 

f:id:matsuikotaro:20190315005845j:image

 

去年の五月頃はと言うと、俺は入院していた。まだ、ほとんど動けなくて、ベッドの上でYouTube見たりして過ごすほかなかった。YouTubeは人気急上昇中の動画をサジェストしてくれる機能があって、おかげでテレビなんて見てなくても何となく外の世界の状況を察知することができた。ある日、人気急上昇の動画にこれが出てきた。

 

www.youtube.com

 

虫酸が全力疾走した。ウサイン・ボルトかってくらい速く駆け抜けた。これが人気急上昇は何かの間違いだろと思っていろいろ検索してみた。

 

調べたところ、どうやらTikTokってアプリ(これも虫酸がジャスティン・ガトリンばりの速さで走る)で、こいつの曲が人気になったみたく、こぞってガキがこいつの曲で撮影したショートムービーを投稿して、そこからブレイクしたみたい。

 

虫酸が走る男が、虫酸が走るアプリをきっかけにブレイクしやがった。俺のかわいい虫酸がこれ以上走れないって息切らしてるよ。どう責任とってくれんだ。

 

なんてことを思ってたのも、こいつがテレビによく出だしてすぐまでのことで、それ以降はなんかこいつのことが見てられなくなった。いやムカつくからとかじゃなくて。それもあんだけど、大きな理由はまた別にあって。

 

それはこいつの芸風。こいつの芸風は、いつも「~す」っていう口調で、いつもタコのような口をしている。ネタ中だけじゃなくて常時。きつい。いい歳こいたおっさんがずっとこれ演じて必死に金稼いんでんだなって思うとマジで胸が痛くて見てらんない。コロコロコミックの延長線上みたいな、ガキにウケる笑いを大の大人が必死でやってんの。こういうのが苦手で。ヒカキンとか、それこそコロコロコミックで連載してる漫画家とか。賢いとか、偉いって言われれば、そうかもしんないなって思うんけどさ。俺はあんまりプライドとかない人間だけど、それでも言い方悪いけどガキに媚びて稼いだ金で食ってくのはなんかなあって思っちゃう。

 

脳みそ夫は画面の中では「こんちわ~す!」「トホホ…」とか言ってるけど、仕事終わって家に帰ってテレビつけたときに、そこに映る自分の姿見たときどんな気分なんだろうな。なんかいつか、ふと我に返って精神を病みそう。もしかしたら既に病んでて、それでも頑張ってるかもしんない。脳みそ夫さん、あんた調べたけど最終学歴法政大学だって?なんでそうなっちまったんだよ、あんた。他にもいい大学出てる芸人はたくさんいるけど、みんなクレバーにブレイクしてるじゃん?あんたもそれが出来たんじゃないか?ひょっとして、あんたバカァ?大学卒業後パチプロで過ごす…?なんだ、ただのバカじゃん。

美容院で100%満足して帰れること、ある?

 

退院して、伸びに伸びていた髪を、今日やっと切れた。一応入院していた病院の中にも、髪を切ってもらえるサービスがあって、長く入院していたので何度かそこで髪を切った。俺は少し長めくらいで、とオーダーしたのに、お兄ちゃん短いほうがかっこいいよぉ、とか言ってオバサンにバッサバッサ切られた。それがあったので、退院して美容院で切ろうと決めていた。そして先程帰ってきた。

 

満足か不満足で言えば満足だけど、もうちょい長さ残して欲しかったなとか、パーマ思ってたより強いな、とか思うところはやっぱあるわけ。なんかいつも、そうなんだよな。あれ、これもしかして、美容院で100%満足したことなくないか?

 

そこで、どうしてそうなるのかを個人的に考察してみた。100%満足出来てるよ!って人は別に読んで利益にならないけど、俺と同じ思い抱えてる人、これから美容師を志す人or既に美容師の人が読んで参考にしてくれたらなと。めちゃくちゃ素人目&偏見で書いていきます。

 

見ろ

俺美容院でヘアースタイルを聞かれた時、いつも予めネットのヘアカタログからイメージの写真を保存しておいたものを見せるんだけど、美容師の人ってその時だけ見て、その後一度も見ることなく最後まで切ることない??だから俺が見せたカタログの写真よりちょっと短かったり長かったりするんだよ!!表示したまま携帯置いとくから!!見ろ!!世間話はいいから!!

 

「今日はこのあとバイトっすか?」チョキッ  チョキッ

 

「そッスね」

 

「土曜日だから忙しいんじゃないですか?」チョキチョキッ

 

「そッスね…」

 

「忙しいときだけ、時給上がるシステムほしいっすよね~」スッ スッ 

 

「そッスね~!」

 

話題広げるスキルエグイなお前。なんで聞かれてる俺の方が単調なことしか言えないんだよ。テンションの変化だけで乗り切ったわ。あと、お兄さんさっきからずっと同じとこ切ってません??お願いなんで写真もちょっとは見てくれませんか??

 

ちょっとアレンジ加えてくんな

これはベテランの美容師の人にありがちなんだけど、あの人たちってちょっとアレンジ加えてこない??いや、何年もやってて腕が確かなのはわかるんだけど、その自信がね、悪く出てんのよ。

 

「サイドのところ、ちょっと重たかったんで軽くしときました!」

 

「あ、はあ、ありがとうございます。」

 

ねえ、言った??俺サイド軽くしてとか言った??とりあえずオーダーした通りに切ってくんない??その後にちょっとサイド重いなって思ったら軽くしてくださいって言うからさぁ!!もしそれで、俺が絶対サイドは重くしたいって人だったらどうすんべ??あなたの腕もセンスももうわかってるからさ、アピールしなくていいよ。俺もうここにずっと切りに来るから。逃げないから。だから言った通りに切ってよ。アレンジ逆効果だから。あとサイド重いってなに?毛が多いとか、もっさりしてるとかでよくない??俺、田舎者だから、重いとか言われてもわかんないよ。へえ、俺の髪の毛って重いんだ。家帰ったら測ろ、とか思うから。

 

髪型は一緒でも顔ちげえから

上記の分厚い壁を突破して、ほぼカタログ通りの髪型にしてもらったはずなのに、なんか違うんだよなぁ…。

 

答えは簡単だよ。顔だよ。顔がちげえんだよ。

 

結局ヘアカタログも、イケメンと美女ばっかだから、そりゃあカタログ通り思い描いても、俺らパンピーのお粗末な顔じゃ、髪型はカタログ通りでも理想には近づけんて。それでも理想通りになりたいなら、美容整形外科行け。

 

結論、写真見せない方がいいし、自分も見ない方がいい

結局これって、写真見てイメージ固めるからだめなんだわ。ぼんやりとこんな感じにしたいなーって思ってくるぐらいが満足出来るんだろうな。写真のまんまをイメージするから、微々たる差を短すぎるとか長すぎるとか思うし、もっとカタログ見ながら切れよとか考えながら会話するから、単調な返事しか出来なくなる。美容師さん、ごめんなさい。こちらに全ての責任がありました。金輪際、ヘアカタログの写真見せてオーダーしません。

 

あの、最後にみんなに聞きたいんだけど。

 

美容院で最後にしてもらうヘアセット、100%満足して帰れること、ある?

Each end point

 

目が覚めると、そこは電車の中だった。

 

窓から射し込んだ光で、車内は黄色くて、暖かかった。周りにはちらほらと人が乗っている。

 

そういえば、僕はいつから電車に乗ってたんだっけな。それに、これは何処へ向かってるんだろう。

 

まあでも、どこか適当なところで降りればいいか。

 

僕は窓の外に目をやり、流れる景色を見ていることにした。

 

なんだか、懐かしいな。

 

子供の頃はよくこうして、いつも窓の外を見ていた。まだ小さかったから、座席に靴のまま登ろうとしてよく父さんに怒られたな。

 

思えば、いつから窓の外を見なくなったんだろう。

 

最近までそうしていたような気もするし、随分前にしなくなったような気もする。

 

そんなことを考えていると、電車はトンネルに入ったので、僕は少し横に向けていた体を正面へと向き直す。

 

すると、前に座る男と目が合った。

 

男はニッコリと笑って会釈してきたので、僕もとりあえず少し笑って会釈した。そして聞いてみた。

 

「あの、これ、どこに向かってるんでしょうか。」

 

「さあねえ、それは私にもわからないけど、きっといいところだよ。」

 

「そうですか…」

 

男もわからないと言うので、僕もそれ以上は聞かなかった。

 

そのまま少し沈黙が続いて、なんだか気まずくなってきた時、トンネルを抜けた。

 

僕は先程よりも体を横に向け、再び窓の外を見た。

 

そこには長閑な田園風景が広がっていて、その中を小さな子たちが駆け回っている。

 

自分の実家も丁度こんな風な田舎で、見てると自分の少年時代を思い出して、微笑ましい。

 

しばらく眺めていると、今度は制服に身を包んだ学生たちがちらほら見えてきた。

 

まるでこの電車は時間という線路を進んでるみたいだ。電車が進むにつれ、窓の外の人々が子供から大人になっていく。

 

来た方へ目をやると、まだ遠くに小さな子たちが見えるし、進行方向を見ると遠くにスーツや振袖を着た集団が見える。

 

あれは成人式かな。

 

あの人、少し僕に似てるな。どことなく面影があるというか。でも、僕ってあんなに若かったかな。いや、あんなに大人だったかな。

 

そんなことを考えていると、緩やかに電車が停車した。

 

ドアが開くと、先程の前の男が立ち上がった。

 

「ほうら、やっぱりいいところだったよ。」

 

「と言うと、何がです?」

 

「ここが終点だから。」

 

それを聞いて、慌てて立ち上がって降りようとした僕に、男はこう続ける。

 

「あ、いや。君はまだまだ先があるよ。でも、私にはここが終点だから。それでは、さようなら。」

 

そう言って、男は降りていった。

 

男が言っていることがよくわからず、僕はぽかんとしていると、ドアが締まり、電車はまたゆっくり進み始めた。

 

とにかく、電車が進みだしたことから、どうやらさっきのところが終点じゃないようなので、僕は再び窓の外を眺めながら、電車に揺られていた。

 

長い間、窓から流れる景色をを見ていると、だんだんさっきの男が言っていたことがわかってきた。

 

なんだ、そういうことだったのか。

 

その後、僕は降りていく乗客に深く会釈して見送っていると、いつからか斜め向かいに座っていた男が聞いてきた。

 

「これ、どこに向かってるか知ってます?」

 

僕は答えた。

 

「さあ、僕にもさっぱり。でもきっといいところに着くよ。」

 

そう言ってすぐ、電車がゆっくりと止まった。

 

「ほら、やっぱりいいところだった。」

 

そう言って、僕は電車を降りた。

 

 

 

グローバル化しすぎも良くないよ。マジで。

 

昔から言葉が好きで、常日頃からそういうことに考えを巡らせてる。破天荒って言葉、最近間違った意味で使われ続けてるから、そのうち意味がすり替わりそうだなあ、とか。この話はまたいつか別の記事で書くかもしれないっす。そんで本題。

 

最近、言葉の汎用性の拡大が凄まじい。いやほんとに。「エモい」に関してはもうひどい。なんでもエモいで済ませれる。いやほんとに。例えばさ、服がエモいとか曲がエモいとかは、いい感じとかオシャレとかそういうニュアンス。まだこれはわかるじゃん?御歳22の俺もギリついてける範囲。でも今のティーンエイジャー半端じゃないよ、マジで。パンケーキ食ってエモいとかぬかすから。脳味噌の代わりにパンケーキでも入ってんじゃねえの。

 

ちょっと話は変わるけど、俺は高校から英語と国際学を専攻に学んできた。英語がちょっと出来たからその道に進んだんだけど、学べば学ぶほどに英語の単語の汎用性に絶望した。意味をひとつとっても、様々な言い方や単語で表せられる日本語のそういうところが好きな俺は、なんだか英語は難しかった。同じ単語でも、その場の状況とか言い方とかで意味の度合い強さが変わったり、意味自体が変わったり、そういうイマジネーションで補うのがうまく出来なかった。

 

この経験を踏まえて、最近の日本語は英語っぽくなってきてるなと感じる。エモいの本来の意味が「言葉に表しにくいが、いい」というものだとすると、対象が食べ物の場合「いい」は「おいしい」に変わるし、服とか曲のときは「オシャレ」みたいな意味に変化する。

好きなバンドの新譜を聞いて「エモ。」って言うのと「エモ…。」って静かに呟くだけで、感動の程度の違いを表す。

国際学専攻してる身として、グローバル化が悪いことだとは思わないし、むしろいいことだと思うけど、守っていくべきものはちゃんとわかっておいたほうがいいかもしれない。