無題

タイトルとか考えるのが恥ずかしい

無題

 

電車に揺られていた。今日のバイトは忙しかったなぁ…と物思いに耽っているとなんだか眠気が襲ってきた。このままでは寝過ごしてしまう、いかんいかん、と退屈しのぎにイヤホンを取り出し耳にはめる。携帯機器を起動させると、僕による僕のためのプレイリストから、それはそれは素敵な曲が流れ出す。

しかし悲しいことに俺が「いい」と感じる曲を同じように「いい」と思う人はどうやら少ないようで、つまり俺は音楽趣味に於いてマイノリティなのだ。人と繋がっている安心感を確保するための手段が「シェア&いいね!」のこのご時世、やはり自分の趣味を他人と分かち合い楽しむことが出来ないのはなんだかもの寂しくある。いいね!をもらうどころか、シェアする相手すらいない。社会が悪い。大体「シェア&いいね!」が人との繋がりを確認するツールとして当たり前だと思っているのがおかしい。人はやはり目と目を合わせて、空気を震わせて相手の鼓膜に伝える。そんな物理的コミュニケーションが最もだと思うのだ。いや、もっと言うと心。心と心でコミュニケーションをとるべきだ。

溢れだしたら止まらない社会への憤慨が、横の男性の怪訝そうな顔で収まった。嗚呼、またやってしまった。いつからか、普通のボリュームに満足できず、大きな音で聴くようになっていた俺は、一迷惑電車ユーザーであった。徐々に落ち着いてくる思考を表すかのように僕は少しずつボリュームを下げていった。思えばどうしてこんな大きな音で聴くようになったのだろう。

 

ーーーーー

 

電車に揺られていた。いつものように私はイヤホンをはめて、音楽を聴く。私が好きな音楽を好きだと言ってくれる人は少なく、みんなが流行りの音楽の話で楽しそうに話すのをいつも羨ましく思っていた。

自分の好きなものを好きだと言ってくれる人は好きだ。なんだか私まで「好き」に含められている気がするからだ。こんな少し変わった私の趣味を好きだと言ってくれる人に出会えるだろうか。いや、きっといないだろう。自分に言い聞かせるように、フッと少し笑うとなんだか少し寂しくなった。今日はもう音楽を聴くのはよそう。たまには電車の揺れる音を聴くのもいいものだ。

なんて考えながらイヤホンをとると、横から小さく音が聴こえる。よーく耳を済ますと、わかった。私の好きな曲だ。バッと横を向き、目の前に垂れ下がるイヤホンのコードを辿って目線を上にやると、その人物の顔が明らかになり目が合った。

 

ーーーーー

 

おじさんの元を離れ、またしても電車に揺られていると、次の駅でそれはそれは綺麗な女の子が乗車してきた。こんな子と仲良くなるようなことは向こう数年はないんだろうなぁ。期待するだけ後が辛い。こんな綺麗な子を見れただけでも良しとしよう。刹那。俯いていたその子は俺の耳からポケットの中の携帯へと繋がるイヤホンのコードを辿るように顔を上げ、そして目が合った。

目が離せない。彼女もまた俺をずっと見ている。沈黙に耐えきれず、イヤホンを外すと彼女が声をかけてきた。

 

「その曲…」

「ああ、やっぱり。音漏れしてましたよね。ごめんなさい。少しボリューム下げますね。」

「いや、それもだけど、そうじゃなくて。その曲…」

「ああ、この曲。変ですよね、でも、僕、好きなんです。」

「…!私も…私も、その曲好き…」

「え…」

 

なんて日だ!

まさかこんなにタイプな女の子と趣味が合うとは。そうか!わかったぞ!俺がどうして大きな音で音楽を聴くのか。俺はアピールしていたんだ!俺はここにいるよ、こんな音楽が好きだよ、分かち合える人がいないよ、寂しいよ、って。俺のアピールが彼女に届いたんだ!運命的な出会いだ!さあ、まずは次の言葉だ。俺が降りる駅まで後少し。なんの話をしよう、一秒たりとも時間は無駄にできない!

 

 

トン、と肩を叩かれた。

イヤホンを外す。

 

「音、漏れてますよ。」

 

「ごめんなさい。」

 

さっきから隣で怪訝そうな表情をしていたおじさんだった。見渡せば彼女はいない。夢だったのだろうか。はたまた俺の妄想?どっちでもいい。俺が降りる駅まであと三駅。おじさんの元を離れ、一度下げたボリュームをまた大きくする。

 

(俺はここにいるよ…。)

 

 

https://twitter.com/rfordldd

 

 

 

 

 

とにかく長い記事

 

以前「18歳学生、この歳にして文章が書けない」という記事を書いた。読み手への配慮と自分の文を書く楽しさの折り合いがつけれずうまく書けないというものだった。

例えば、普段僕は文章を書くとき、何か書けそうなネタが思いついたとき、「このフレーズは絶対使いたい」という時がある。気に入ったフレーズを使うがためだけの文章を考えることだってある。

そういった感じで僕には僕なりの文章に対する「こだわり」のようなものがある。どっちを使っても意味が変わらないような言葉にしても、「いやこっちがいい!」なんて具合だ。だから少し難しい言葉を使うとき「みんながみんなこの言葉知ってるとは限らないから括弧をつけて補足しようかな…。いやでもそれだと見栄えが悪いし…。この言葉に置き換えれるけどそれは嫌だ!」なんていう風な葛藤に陥るときがある。

僕はあくまでも自分の楽しみとして文章を書いていて、そのうえで誰かが読んでくれて「おもしろいね」なんてふうに言ってくれると幸いだなというスタンスである。

しかしやっぱり文を書いていて人気な人を見ると嫉妬してしまう。今では携帯やパソコンから誰でも公に自分の文章を公開できる機会があり、やはりおもしろい文章を書く人は人気だ。僕は読むのも書くのも好きなので、普段から知らない人のブログを読んでいたりする。とにかくおもしろい文章を書く人が羨ましい。文章を書くだけでTwitterのフォロワー8000?羨ましい!!

おもしろい人はすごい、他愛ないテーマでも長い文章が書けるしそれでいて飽きさせないくらいおもしろい。長く感じさせないと言ってもいい。ワードセンスもずば抜けているし本当に羨ましい。

僕はよく自分の文章を見返すことがあるが読む度に思わず非公開、削除してしまいたくなる。「なんだ、このおもしろくもなんともないダラダラした文章は!」なんて具合に。ここまで読んでくれている方達には申し訳ないがお察しの通りこれはただの愚痴である。

自分の才能のなさに憤慨し他人の非凡さに渇望している。僕にも近くに新しくコンビニができた些細な出来事を面白おかしく書ける文才が欲しい。

 

あ、そうそう。文才と言えば。最近星野源の本を買った。最近大人気のドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」で多くの男性から妬まれているあの星野源。彼は音楽でも売れていて、そのうえ俳優もこなし、更には文章まで書くのだ。「なんて生意気なやつだ!」と、半ば怒りを覚えながら購入した。率直に言うととてもおもしろかった。彼の素朴さというか人柄が見えるような他愛ないテーマのエッセイでそれが尚更おもしろかった。誰だ、天は二物を与えずなんて言ったやつ。星野源三物くらい持ってるぞ。いや、一部の女子に人気のルックスも含めると四物か。クソッ、癇に障る奴だ。でも俺大好きだーあの人。

 

またおもしろくもなく、ただ長いだけの文章を書いてしまっている。自分に嫌気がさす。でも僕だっておもしろい文章を書けるように目指して頑張ってはいるんだよ。あまり使わないような表現なり書き方を試してみるために記事を更新することだってあるし。いつかこの努力が結ばれてこのブログをきっかけにTwitterのフォロワー10000人とかいってくれないかな。そんな日が来るといいな。精進します。

 

それじゃあ。

Twitter https://twitter.com/rfordldd

 

俺史上最高の漫画「古都こと」

 

後期にさしかかった今も尚、学校の課題図書を友人達が黙々と読みこなしてく最中、未だ0冊というまま毎日漫画を読みふけっている俺だが、ついにこれが一番だという漫画に出会えた。それが古都ことである。とにかく今回はその魅力を紹介していこうという所存。

f:id:matsuikotaro:20161128132949j:plain

圧巻の構想力

この漫画の最大の特徴は1つのストーリーを主要キャラ二名の完全主観な視点から描くところである。連載では同時期に別雑誌に、単行本もヒーロー、ヒロイン視点に分けて出版する徹底ぶり。この完全主観と2部構成の徹底ぶりがどういった利益をもたらすか。それはヒーロー視点、ヒロイン視点どちらか1つだけで作品として成立していること。つまり1つのストーリーで2回楽しめるのだ。完全主観で描く作品であるから、どちらか1つを読んだ場合、相手の心情が描かれない不完全さに読者の想像の余地があり、作品に没入できる楽しみがある。

そして両視点から読んだ瞬間この作品は始めて完成する。片方の作品で描かれていなかった描写や心情を全て知る事で、ストーリーが1つになるのだ。先ほど「1つのストーリーで2回楽しめる」と発言したが、訂正しなければならない。1つのストーリーで三度楽しめる。ヒーロー視点だけにしか登場しないキャラもいれば、ヒロイン視点にしか登場しないキャラもいる。それほどあくまで一方の視点からでも1つの作品として成り立つように構成されている。

作品の特徴を活かしたストーリー

この作品のストーリーはおそらく「完全主観で2つの視点から描く」という要素がなければ、飛び抜けて面白いものではなかっただろう。というのも、例えば、普通の恋愛漫画ならばだ。学校1のイケメン、こたろー君に恋する普通の女の子Aちゃんは、ある日こたろー君が女の子と歩いてる場面を目撃してしまう。「彼女...いたんだ...。」と失意の少女Aちゃんだが、実はその女の子はこたろー君の妹だったり、人智を越えて若い母親だったりする。そして決まってその手の演出はあらかじめその女の子の正体を予め読者に予告しておくことで、勘違いしてヤケになるAちゃんにヤキモキするよう仕向けるのだ。

しかしだ。何度も言うが完全主観。予め予告して読者をヤキモキさせる?そんな安っぽいことは二流作者の生業。古都ことではそういった予告がないことから、「これは一体どうなんだ...?」と読者を塾考させる。その瞬間既にこの作品に没入しているのだ。ここでだ。1つこの作品のヒーロー、ヒロインが出会うシーンを紹介しよう。ネタバレが嫌な人は目を瞑って下までスクロールだ。

 

一応画像を貼っていくつもりだがめんどくさい人は記事の最後に試し読みができるリンクを貼っておく。

 

f:id:matsuikotaro:20161128140316p:plain

f:id:matsuikotaro:20161128140344p:plain

f:id:matsuikotaro:20161128140438p:plain

f:id:matsuikotaro:20161128140502p:plain

f:id:matsuikotaro:20161128140524p:plain

f:id:matsuikotaro:20161128140553p:plain

f:id:matsuikotaro:20161128140631p:plain

f:id:matsuikotaro:20161128140719p:plain

f:id:matsuikotaro:20161128140743p:plain

f:id:matsuikotaro:20161128140808p:plain

f:id:matsuikotaro:20161128140823p:plain

f:id:matsuikotaro:20161128140847p:plain

f:id:matsuikotaro:20161128140855p:plain

f:id:matsuikotaro:20161128140903p:plain

 

どうだろう。これがチヒロ視点、「チヒロのこと」である。

ここでだ。普段漫画を読まないから読み疲れたという人ももう少し頑張ってくれ。

この作品の本領発揮だ。ヒーロー視点「ユキチのこと」を読んでくれ。

 

f:id:matsuikotaro:20161128142107p:plain

f:id:matsuikotaro:20161128142130p:plain

f:id:matsuikotaro:20161128142138p:plain

f:id:matsuikotaro:20161128142155p:plain

f:id:matsuikotaro:20161128142208p:plain

f:id:matsuikotaro:20161128142246p:plain

f:id:matsuikotaro:20161128142316p:plain

f:id:matsuikotaro:20161128142430p:plain

f:id:matsuikotaro:20161128142340p:plain

f:id:matsuikotaro:20161128142506p:plain

f:id:matsuikotaro:20161128142514p:plain

f:id:matsuikotaro:20161128142524p:plain

f:id:matsuikotaro:20161128142543p:plain

f:id:matsuikotaro:20161128142601p:plain

f:id:matsuikotaro:20161128142622p:plain

 

とにかく読んでみてほしい

いかがだったろうか。とにかくこれを読んで「面白い」「読みたい」「すごい」と思ってもらえたら嬉しい。あまり多く語るのは、望ましくない。読んでもらってわかると思うがこのストーリーは舞台は京都である。京都に住まう人ならリアルな背景を楽しめると思うし、京都に住んでいない人ならこれを読んで京都に行ってみたくなるかもしれない。実際俺もこの作品に出てきた貴船神社をこの本で知り、行って、京都の素晴らしさを再確認した経験がある。なんとも楽しみが多い作品、古都こと。単行本は両視点合わせて全6巻と買い揃えるのにも非常にリーズナブル。是非お勧めする。

 

それじゃあ。

 

試し読みリンクーチヒロのことー

sokuyomi.jp

試し読みリンクーユキチのことー

sokuyomi.jp

 

Twitter https://twitter.com/rfordldd

 

 

 

Jなソウルをもったブラザーズ

 

昨今の音楽シーンに於いて、特定のアーティストのファンにはそれぞれ俗称がある。マキシマムザホルモンだったら腹ペコだったり、関ジャニ∞ならエイターなど様々。これを踏まえた上で俺は三代目J Soul BrothersのファンのことをJ Soul Brothersと心の中で(勝手に)呼んでいる。

何故そう呼んでいるのか。三代目J Soul BrothersとはJなソウルを持って熱いパフォーマンスを披露するブラザーズなわけであって、彼らのファンはそのパフォーマンスに沸く。それは彼らもまたJなソウルを持っているわけということであり、パフォーマンスを観て沸くというのは彼らのJなソウルが三代目J Soul BrothersのJなソウル宿るパフォーマンスに共鳴しているのだ。

そんな俺だが、三代目J Soul Brothersが嫌いだ。そのファンも嫌いだ。

 

「どうして好きな人もいるのに嫌いとか言うんですか!それを聞いて不快になる人もいると思います!」

 

ナンセンス、非常にナンセンス。落ち着け学級委員長。ファンの声を代弁してお前を支持するやつがいても、その3倍お前のことみんな嫌いだぞ。

だって考えても見ろよ。例えばお前がトマトが嫌いな人だとするだろう?それはもう見ただけで胃液が上がる感覚を覚えるくらいなんだ。そんなお前が、友人が振舞ってくれた食事にトマトが紛れ込んでいたらどうする?食えないけど友人が振舞ってくれた以上食うしかないだろう?食わなかったとしてもなんだか相手に悪い気が胸にまとわりつく。そんな時にあらかじめ聞かれてもないのに「トマト嫌いなんだよねー、見てると吐き気覚えるくらい。」と声高々に宣言しておくことでそういったケースを避けることができる。

つまり俺が「三代目J Soul Brothers嫌い、俺が嫌いな他のアーティストと潰しあってほしい」って言うのはこのためなんだ。あらかじめ宣言することで俺の周りにJなソウルをもったブラザーズが寄ってくることはもうないだろう。Jなソウルをもった人達は同じくJなソウルをもった仲間、ブラザーズ同志だけでキンキン共鳴していてほしい。できれば俺の目に届く範囲ではやめてくれ。俺もなるべくアンテナ張ってJなソウルを感じたら自ら距離を置くようにするからさ。

 

それじゃあ。

Twitter https://twitter.com/rfordldd

カメラが持てない

古きは都が置かれ繁栄した京都。今日では古都とも呼ばれ、未だに日本を代表する都道府県の1つである。

華やかな日本文化を多く残していることから、シーズン問わず外国人観光客に溢れ、京の人達は自分が住まう土地を誇らしく思いながらも、交通を妨げる外国人観光客に中指を立てたい気持ちを隠しきれない次第。

かくいう俺も京都に住まう身であり、年中華やかな景観の中をうじゃうじゃといる外国人観光客に囲まれながら歩いており、なるほどこれが異文化交流かといった具合にグローバル化をこの身で感じている。

 

しかし良く目を凝らして歩いていると外国人観光客の中に一眼レフを抱えた日本人を見かけることも。彼らは絶え間なく続く時間の中から最も美しい瞬間を切り取るために、常に目をギラギラとさせている。

そんな彼らが生み出す作品を見て感化された俺はカメラを始めたいと思うのと同時に、マイノリティであることに愉悦を感じるサブカルクソ女、クソ男はろくにスペックを活かしきれないカメラを手に取るのだ。

彼らは多くの理解を得られないことがすなわち自分のセンスが並外れた次元にあるのだと信じこんでおり、つまり並外れた勘違いをしている。

そのせいか、見たことのないような服を身にまとい、聴いたこともねえような音楽を聴き、新たなジャンルを創作している。彼らは常にクリエイティブなのだ。

そんな彼らは今日も意気揚々とカメラを手に取りありふれた日常の中から特別な瞬間を切り取るわけでもなく、ありふれた日常のまま切り取りクソみたいなポエムと共にSNSへ投稿する。

自分がカメラを手に取った時のことを想定してみよう。とりあえず被写体にピント合わせてあとはぼかしとけばいいっしょ。あえて斜めから撮ればいいっしょ。こんな風に単調な考えで、構図や光量なんてクソくらえな連中に、とやかく言われたりするのではないだろうか。

かと言って人知れずカメラの知識を蓄え、彼らが写真論を振りかざしてきた瞬間、知識量を武器にマウントポジションをとってボコボコにしてやっても、彼らはきっと「なに熱くなってんの(笑)」と、まるで冷静な自分が大人ですよと言わんばかりに身を躱す。「審判〜、あれは階級が違う人っすよ〜(笑)」なんて風に異議を申し立てる。結局のところ、こういう連中がのさばってる限り俺はカメラを持てないままなのだろう。

 

それじゃあ。

Twitter https://twitter.com/rfordldd

見た目で判断するな

 

ある日のことだ。その日はひどく雨が降っていて、駅構内はいつもより人が多かった。電光掲示板に目をやると、次に来る電車は快速急行。これじゃあ俺の降りる駅にとまらないな、とベンチに腰を下ろして次の次に来る電車を待っていた。すると5歳くらいのレインコートを身に纏う少年が話しかけてきた。

 

「今なー!外なー!雷すごいねんでー!」

 

どうしたものか。どちらかと言えば人見知りの俺。しかしこんなふうに綺麗な目をした少年を無視できるか。いや、できない。

 

「マジでー?でもそのレインコートあったら最強やな!」

 

と、笑顔で気さくな青年を演じる俺。すると遅れてその子のお母さんらしき人物が遅れて現れた。きっと、

 

「すいません、うちの子が」

 

なんて苦笑い気味に建前の謝罪を並べてくるんだろうな。そしたら俺は

 

「いえいえ、可愛いじゃないですか」

 

なんて子供好きをアピールしよう。別にこの人にどう思われようがきっともう会うことはないだろうが、精一杯好青年を演じよう。さあ、言え。今言え。お前のセリフに対する俺の返答は準備OKだ!さあ!!

 

「すいません…」

 

きた!!いうぞ!!

 

「やめていただけますか?」

 

時が止まったような気分になった。予想すらしなかったその言葉に一瞬整理が追いつかなくなるが、体というのはよく出来ていて、考えるよりも先に

 

「あ、すいません。」

 

なんて謝罪の言葉を並べていた。その時の俺の格好と言えば赤髪でDIESELのシャツにジーンズ、まあ見る人が見れば怖くも見えるのかもしれない。しかしだ。見た目で判断するのはもうやめにしないか。

 

思えばそうだ。俺たちはいつだって見た目で判断している。「私、付き合う人って見た目より中身で選ぶタイプなんだー。」

は?違うだろ?「性格がいいブスor性格悪い美男女、付き合うならどっち?」の質問に対する回答は既に出ている。性格も見た目もいい人だ。出来るならば見た目も性格もいい人と付き合うに決まっている。「私、付き合う人って見た目より中身で選ぶタイプなんだー。」っていう発言の真意はこうだ。

 

「そりゃ見た目も中身も完璧な人がいいけど、妥協するなら見た目だなー。」

 

ってこと。初対面のイケメンとブスが並ぶシチュエーションを想像してみてくれ。イケメン選ぶだろ?

つまり人間は誰かと交友を深めるとき、初対面の相手ならば、性格がわからない以上第一印象は見た目になってしまうのだ。

この人笑顔が素敵、とか、この人笑顔が臭そう、とか。

イケメンなら相手に興味を持ってもらいやすいってことで、つまりそれはチャンスが多いってことでもある。特に何もしてなくても向こうから人が来るので来る者拒まず去る者追わずの精神で構えていれば自然と人が集まる。

たまに、イレギュラーなモテるブスという生命体がいるが、こいつらはきっとターゲットをロックオンして、それはもう熟練のボクサーのようにコーナリングへと追い詰めてなぶり殺して相手をギブアップさせているんだろう。

 

人間の心理的に初対面の相手には見た目からファーストインプレッションが生じる、というのは仕方ない。

ただこの原理を今まで感覚的にしか理解してなかった人に今回言葉で説明することで、「確かに見た目はそんなによくないけど中身も見てみよう、それから考えよう」って思えるようになっていただきたい。

 

つまりだ、俺にチャンスをくれ。

 

それじゃあ。

 

Twitter https://twitter.com/rfordldd

 

 

ポジティブ的マイナス思考

 

物心がついて間もない頃、なるべく早い時間に寝るように教育されていたのでいくら子供と言えど九時に寝るのは難しいものがあった。

なかなか寝つけず、どうしようもないことを考えていると「今地球が爆発して死んでしまえばどうしよう」という考えが頭によぎり、やがてその不安は膨れ上がり、突然死にたくないと泣きだしよく親を困らせていた。

どういう思考回路で地球が爆発するなんて考えに至ったかは今ではもう覚えてないが、とにかく当時からそれくらい筋金入りのマイナス思考の持ち主だった。

 

今でもマイナス思考は健在で、雷を見れば、ないとわかりながらも当たって死んだらどうしようなんてありもしない不安を抱えて生きている。

ここまで振り切ったマイナス思考を抱えて生きていると、逆に多少の不幸が嬉しく思える瞬間が訪れる。

常に最低ライン、どう不幸が重なればそんな事態になるんだという状況を常に想定して生きていることで、いざ不幸な出来事に巻き込まれても想像してたよりはましだった、となんだか嬉しく思えてしまうのだ。

「やべぇ車に引かれたけど死ぬって思ったら骨折だけですんだじゃんラッキー」

車に引かれた時点で不幸なのになにがラッキーなんだと。

でもいいよね、どんな不幸でも乗り越えられるメンタリティ。

仕事、学校に疲れた現代人、ストレス社会に生きる現代人にこそ実践してもらいたいこのポジティブ的マイナス思考。

 

それじゃあ。

Twitter https://twitter.com/rfordldd