無題

タイトルとか考えるのが恥ずかしい

カメラが持てない

古きは都が置かれ繁栄した京都。今日では古都とも呼ばれ、未だに日本を代表する都道府県の1つである。

華やかな日本文化を多く残していることから、シーズン問わず外国人観光客に溢れ、京の人達は自分が住まう土地を誇らしく思いながらも、交通を妨げる外国人観光客に中指を立てたい気持ちを隠しきれない次第。

かくいう俺も京都に住まう身であり、年中華やかな景観の中をうじゃうじゃといる外国人観光客に囲まれながら歩いており、なるほどこれが異文化交流かといった具合にグローバル化をこの身で感じている。

 

しかし良く目を凝らして歩いていると外国人観光客の中に一眼レフを抱えた日本人を見かけることも。彼らは絶え間なく続く時間の中から最も美しい瞬間を切り取るために、常に目をギラギラとさせている。

そんな彼らが生み出す作品を見て感化された俺はカメラを始めたいと思うのと同時に、マイノリティであることに愉悦を感じるサブカルクソ女、クソ男はろくにスペックを活かしきれないカメラを手に取るのだ。

彼らは多くの理解を得られないことがすなわち自分のセンスが並外れた次元にあるのだと信じこんでおり、つまり並外れた勘違いをしている。

そのせいか、見たことのないような服を身にまとい、聴いたこともねえような音楽を聴き、新たなジャンルを創作している。彼らは常にクリエイティブなのだ。

そんな彼らは今日も意気揚々とカメラを手に取りありふれた日常の中から特別な瞬間を切り取るわけでもなく、ありふれた日常のまま切り取りクソみたいなポエムと共にSNSへ投稿する。

自分がカメラを手に取った時のことを想定してみよう。とりあえず被写体にピント合わせてあとはぼかしとけばいいっしょ。あえて斜めから撮ればいいっしょ。こんな風に単調な考えで、構図や光量なんてクソくらえな連中に、とやかく言われたりするのではないだろうか。

かと言って人知れずカメラの知識を蓄え、彼らが写真論を振りかざしてきた瞬間、知識量を武器にマウントポジションをとってボコボコにしてやっても、彼らはきっと「なに熱くなってんの(笑)」と、まるで冷静な自分が大人ですよと言わんばかりに身を躱す。「審判〜、あれは階級が違う人っすよ〜(笑)」なんて風に異議を申し立てる。結局のところ、こういう連中がのさばってる限り俺はカメラを持てないままなのだろう。

 

それじゃあ。

Twitter https://twitter.com/rfordldd