読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無題

タイトルとか考えるのが恥ずかしい

無題

 

電車に揺られていた。今日のバイトは忙しかったなぁ…と物思いに耽っているとなんだか眠気が襲ってきた。このままでは寝過ごしてしまう、いかんいかん、と退屈しのぎにイヤホンを取り出し耳にはめる。携帯機器を起動させると、僕による僕のためのプレイリストから、それはそれは素敵な曲が流れ出す。

しかし悲しいことに僕が「いい」と感じる曲を同じように「いい」と思う人はどうやら少ないようで、つまり僕は音楽趣味に於いてマイノリティなのだ。人と繋がっている安心感を確保するための手段が「シェア&いいね!」のこのご時世、やはり自分の趣味を他人と分かち合い楽しむことが出来ないのはなんだかもの寂しくある。いいね!をもらうどころか、シェアする相手すらいない。社会が悪い。大体「シェア&いいね!」が人との繋がりを確認するツールとして当たり前だと思っているのがおかしい。人はやはり目と目を合わせて、空気を震わせて相手の鼓膜に伝える。そんな物理的コミュニケーションが最もだと思うのだ。いや、もっと言うと心。心と心でコミュニケーションをとるべきだ。

溢れだしたら止まらない社会への憤慨が、横の男性の怪訝そうな顔で収まった。嗚呼、またやってしまった。いつからか、普通のボリュームに満足できず、大きな音で聴くようになっていた僕は、一迷惑電車ユーザーであった。徐々に落ち着いてくる思考を表すかのように僕は少しずつボリュームを下げていった。思えばどうしてこんな大きな音で聴くようになったのだろう。

 

 

電車に揺られていた。いつものように私はイヤホンをはめて、音楽を聴く。私が好きな音楽を好きだと言ってくれる人は少なく、みんなが流行りの音楽の話で楽しそうに話すのをいつも羨ましく思っていた。

自分の好きなものを好きだと言ってくれる人は好きだ。なんだか私まで「好き」に含められている気がするからだ。こんな少し変わった私の趣味を好きだと言ってくれる人に出会えるだろうか。いや、きっといないだろう。自分に言い聞かせるように、フッと少し笑うとなんだか少し寂しくなった。今日はもう音楽を聴くのはよそう。たまには電車の揺れる音を聴くのもいいものだ。

なんて考えながらイヤホンをとると、横から小さく音が聴こえる。よーく耳を済ますと、わかった。私の好きな曲だ。バッと横を向き、目の前に垂れ下がるイヤホンのコードを辿って目線を上にやると、その人物の顔が明らかになり目が合った。

 

 

おじさんの元を離れ、またしても電車に揺られていると、次の駅でそれはそれは綺麗な女の子が乗車してきた。こんな子と仲良くなるようなことは向こう数年はないんだろうなぁ。期待するだけ後が辛い。こんな綺麗な子を見れただけでも良しとしよう。刹那。バッと女の子がこっちを振り向き僕を見ている。目が合った。

目が離せない。彼女もまた僕をずっと見ている。沈黙に耐えきれず、イヤホンを外すと彼女が声をかけてきた。

 

「その曲…」

「ああ、やっぱり。音漏れしてましたよね。ごめんなさい。少しボリューム下げますね。」

「いや、それもだけど、そうじゃなくて。その曲…」

「ああ、この曲。変ですよね、でも、僕、好きなんです。」

「…!私も…私も、その曲好き…」

「え…」

 

なんて日だ!What a day!!

まさかこんなにタイプな女の子と趣味が合うとは。そうか!わかったぞ!僕がどうして大きな音で音楽を聴くのか。僕はアピールしていたんだ!僕はここにいるよ、こんな音楽が好きだよ、分かち合える人がいないよ、寂しいよ、って。僕のアピールに彼女が寄ってきたのだ!運命的な出会いだ!これから始まる華やかな日々を思い描くと胸が震える。さあ、まずは次の言葉だ。僕の駅まで後少し。なんの話をしよう、一秒たりとも時間は無駄にできない!

 

 

トン、と肩を叩かれた。

イヤホンを外す。

 

「音、漏れてますよ。」

 

「ごめんなさい。」

 

さっきから隣で怪訝そうな表情をしていたおじさんだった。見渡せば彼女はいない。夢だったのだろうか。はたまた僕の妄想?どっちでもいい。僕が降りる駅まであと三駅。僕はおじさんの元を離れ、一度下げたボリュームをまた大きくする。

 

(僕はここにいるよ…。)

 

 

https://twitter.com/rfordldd