無題

タイトルとか考えるのが恥ずかしい

「幸せ128円が1点、幸せ206円が1点、計2点334円でございます。」

 

常日頃からどこか満たされてないなあというような、モヤモヤした気持ちを抱えて生きている。携帯を開けて友人達の私生活を覗き見れば、皆キラキラとしており、閉じた携帯の黒くなった画面に映る自分は全くキラキラしていない。埋まるべきところが埋まっていない。どうにかして埋めたいものだが、何で埋めればいいのかもさっぱりわからない。新しい服を買っても、最初は気持ちが弾むものだが着慣れてくるとそんな気持ちは失せていく。友人とカラオケに行ったりご飯を食べたりしても、楽しいのはその時だけで家に帰ると楽しかった気持ちは蒸発して煙になって消えている。毎日服を買ったり、常に友人と遊び続けるほどの財力は僕には到底ない。結果毎日コンビニに通い細々と金を消費するのに落ち着いた。金を使う、つまり身を削ることで、少なくとも僕は何かをした、今日は生きた意味がある日だ、と思えるのだ。バイトとして働いて稼ぐというのも、時間と労力を消費して金を生産しているという点では、充足感が得られるはずなのだが実際に稼いだ金が手元に来るのは毎月一度の給料日のみですぐに結果として得られないのがどうも煩わしい。そういうわけで、ほぼ毎日コンビニで買い物をしている。しかし僕が毎日コンビニで買い物してるのはあくまでも充足感を得たつもりになりたいだけで、本望ではない。もっと低コストで充足感を得られる方法があるならば迷わずそちらに移行するし、正直コンビニの商品のほとんどを一度は消費済みなので飽き飽きしている。レッドブル191円(税込206円)、アイスの実129円(税込139円)をカゴに入れていってはいるが、本心は「あるから買っているだし…」なんて具合だ。毎日通っているから、何が陳列されているか知っているはずの棚を何故か全て見て周り、何かいい商品を探しているつもりではいるが、僕の目は無いはずのものを探している。幸せである。「何故か全て見て周り…」と言ったが、自分でも分かっている。幸せを探している。「期間限定!幸せ119円(税込128円)」とか「新商品!幸せ123円(税込132円)」とかないかなあ。お金で買えたらいいのになあ幸せ。

 

それじゃあ。

Twitter https://twitter.com/rfordldd