無題

タイトルとか考えるのが恥ずかしい

好きとか嫌いじゃなくて

 

    現代社会を生きる皆さん、こんにちは。今日も人間関係に疲れてますか?

    嫌いな奴に限って好かれますか?1人でいたい時に限って偶然人と会ったり誘われたりしますか?上司がウザイですか?かと思えば後輩もウザイですか?会いたい人に限って会えなかったりしますか?

    波風立てぬべくとやり続けた愛想笑いが戻せなくなっていつしか普通の顔が出来ないようになりましたか?だとすればそれはさながら絵画ですね。現代アートですよ。あなたの顔は。

 

    理想論を言えば嫌いな人とは関わらずに好きな人とだけ関係を持って生きてくのが一番なんです。でもそれはできないんです。俺たち日本人は礼儀とか作法とかそういう首の締めあいが大好きだから。本当は誰もできるならしたくないのに。

    首を締められると息が出来なくなって死ぬのは当然のことです。だとすれば殺られる前に殺れ。自然の摂理。俺たち人間も結局は動物なんです。息苦しい世の中というか国ですね。

 

    俺はまあ多少の人間関係のストレスは抱えてるけど、でもきっとみんなよりかはマシだと思ってます。みんなの押し付けられて今にも破裂しそうになってる精神、いや心よりかは。個人的に人間関係のストレスを軽減するような生き方のコツのようなものがあるんですけど、よろしければ参考程度に聞いていかれませんか?

 

    そもそも俺は好きな人嫌いな人という前提が間違いだと思ってます。俺は好きな自分でいさせてくれる人と関係を持つようにしています。

    例えばあなたがLINEとかのアイコンに自分の写真を設定する時、数ある自分の写真の中からあなたが選んでいる写真は、きっと無意識のうちにあなたが人から見られたい自分の理想に一番近い姿のものなはずです。最近の言葉で言うなら盛れているものだとか。

    人にはそれぞれそういうものがあって、そういう人から見られたい自分の姿ってのはつまり自分が好きでいられる自分であって。人からそう見られたい自分ってことは即ちその姿で見られることには自信があるということじゃないですか。半目だとかちょっと鼻毛が出ている姿で写ってしまった自分をLINEのアイコンに設定できますか?できないでしょ?

 

    まず人を好き嫌いになるわけじゃなくて、その人といる自分を好き嫌いになるかの基準で関係を持つ人を選ぶということはわかってもらえたでしょうか?

    言いたいことはわかります。結局関わる人間を選んでるんだからそれが出来てたら今人間関係に疲れてないってことですよね。

 

    飲食店で料理を運んできた店員が空いた皿を持って厨房へと戻っていく時に、他の料理を運んでる店員とすれ違いざまに一言二言交わすとき、自分たちに見せていた店員の顔から友達とか知り合いに喋るときの顔に戻る瞬間を見た経験ありませんか?

    そういう色んな顔を使い分ける習性が俺たち人間にはあるんです。あの友達の前では図々しくなれないけど、別の友達の前では図々しくなれる、みたいなことありませんか?ありますよね。それはつまり顔の使い分けです。

 

    人と関係を築いてく過程で、好きでいられる自分を構築すればいいんです。初対面の人と会って、最初はお互い敬語だけど、だんだん敬語が外れて、冗談でキツい言葉も交わせるようになっていくような、そんな過程の最中に。

    そうすれば、関わる人を選ばずとも誰しもの前で好きでいられる自分になれるはずです。関わる人全てが好きな自分でいさせてくれる人に変わるはずです。

    幸い、人間関係なんてものは始まりはあっても終わりなんてなくて、言ってしまえば関係を築いてく過程の中にずっといるようなものなので、今から徐々に好きでいられる自分の顔に変えていけばいいんです。そうすれば時間はかかれども、きっといつかあなたの関わる人全てが好きでいさせてくれる人になる時が来るでしょう。

 

    参考になったでしょうか?なっていれば幸いです。それでなんですけど、勝手に話し始めて対価を求めるのはどうも道理がおかしいのは承知ですが俺の悩みを聞いてもらえませんかね。

 

    俺の悩み、それは演じることに疲れたって言うことです。俺、素の自分というか自然体の自分がどうも好きになれないんですよ。なので関わる人全ての前で好きでいられる自分を演じてるんですね。

    でもそうするうちに益々自然体の自分を嫌いになっていくし、最早人の前でいる自分か一人でいる時の自分のどちらが自然体なのかわからなくなってきてて。でもとにかく人の前で好きでいられる自分であり続けることにたまに疲れ切ってしまうことがあるんですね。

    どうすれば自然体の自分を好きになることができますかね?参考にしたいので誰か教えてくれませんか?